FXの図書館


想定外 なボラティリティー に用心

FX は運用の手段 によっては、ある程度リスク とロス を抑えながら収益 を得る可能性 も大きいはずです 。 長期投資の要 は、チャート上の技術 ではなく、世界的な経済の局面 を多種多様な 観点 から分析するファンダメンタルズ分析が策略 となります。

クロス円での施策 は、2カ国間の様子 だけでなく、ドルの推移 も要素 として認識 しておくほうがなかなか いいわけです 。 大きなトレード ばかりを行うのは危険 が大きいですから、わりと 小さい金額で自分のルール を留意 しながら取り引き を行うのもいいはずです 。

何といっても 、トレード は初級者 でも上級者でも、順張りの損小利大がFX の基本ですね。 ドル円(USD/JPY)は日本では最も トレード されている代表的 な通貨 ペアですので、FX の駆け出しの方 でもわりと トレンド を読みやすいです。

逆張りは底値で買う好機 をつかめば最大の 利益 の可能性 があるのが長所 です。でも 、予期 が外れたときは大きなマイナス を被る危険 もあります。 オセアニアの通貨 であるオーストラリアドル(AUD)とニュージーランドドル(NZD)は、近頃 は徐々に トレード 量が増えてきた通貨 なので 、探求 したいですね。

オススメです!
XM口座


−今日のFX用語−
アベレージコスト
「アベレージ・コスト」とは、同一通貨のポジションを繰り返しトレードをした場合のポジションの平均値を指します。


外国為替保証金取引 で目標 とすること

2カレンシー を対照する 場合、相対的なニーズ を探求 するのが不可欠 ですから、ファンダメンタル分析が効果的 なのです。 FX では税金対策も配慮 しましょう。公設市場の取引所で行われる「くりっく365」なら、税率は一律20%なので実用的 ですね。

運用成果が大して 上達 しないトレーダー の人 は、一度自分のトレード 方法の問題点を解明 してはどうでしょうか。 通貨 の実際 の需要 に関係なく、センチメンタルでもレート は激変 することがありますから、チャンス を見つけてください。

底値で買って儲ける には、どんなときも 取り引き するのでなく、ニュースをよく点検 してレートの劇変 がはじまったらきっかけ を掴むのです。 また、何といっても 順張り系であるMACDのサインがまだ 明確にでていないときは、容易 に稼ぐ ことが可能なカレンシー が明確にはない状況 を意味しますので、留意 が必要です。

2カレンシー を比べる 場合、相対的な需要 を検証 するのが肝心 ですから、ファンダメンタル分析が有益 なのです。


オススメのページへ

傾向 と市場 のレベル
FX の重点 とは・・・
典型的 なリスク とポートフォリオ
トレード パターン の探求
リターン を維持 するには
マイナス を抑えるルール とは
FX と元手
売買 ルール の探求

キーワード

G7

トリガー(トリガー価格)

ディレクショナル・ムーブメント・インデックス

景気動向指数

インフレターゲット

 

   
© Copyright